アイルランド政府商務局
トップページ > 大学留学

大学留学に関する情報をご紹介します。

親しみやすい風土と国民性をもち、ちょっと勉強に疲れたときには思いっきり気晴らし小旅行も手軽にできる魅惑のアイルランド。 それだけでなく、世界レベルでモダンかつハイクオリティーな大学が数多くあるのをご存知でしたか?
そんなみなさんのアイルランド留学をお助けするべく、ホットな情報をお伝えしていきます。

2007年10月03日

教育システム

アイルランドの“高等教育”にあたるサードレベルの教育(日本でいう大学・大学院)で、その領域は広く、質の高さ、研究分野と産業界との密接な連携が特徴的であり、柔軟でクリエイティブかつダイナミックさもその特徴の一つです。この高等教育への進学率は高く、セカンドレベル (日本の中学・高校にあたる)を修了した学生のうち60%がサードレベル(2年制のカレッジや4年制の大学など)に進みます。そのため、サードレベルに進むための競争は厳しいものになっています。アイルランドの教育は、他の西ヨーロッパ諸国と同様に教育段階は3段階(初等教育、中等教育、高等教育)に分けられています。 高等教育システムには、公費で運営されている公立の総合大学、県立大学、教員養成カレッジと、独自に運営されている私立のカレッジが含まれます。そのうち大学の場合、財源はアイルランド政府からと、大学独自の内部的な、また国際的に相関している、大学機構によっています。アイルランド政府のHigher Education and Training Awards Council (HETAC)は、大学以外の全公立カレッジと一部の私立カレッジの教育水準を厳しくチェックし教育機関としての認可を行っています。

大学

アイルランドのすべての大学) は公費で運営され、幅広い分野で、大学学部、大学院、大学院での博士課程終了後と学術研究の場を提供しています。このどの大学も最先端の研究プログラムに携わっているため、ビジネス界や産業界とも充分な連携をとりながら、しばしば政府もサポートに加わって研究を行っています。

県立大学

ますます高まるアイルランドのハイテク経済からの需要を背景に、テクノロジー分野の高等教育は、最高水準のプログラムとなっています。また、そのため、ビジネス、ホスピタリティ、そして人文科学といった分野はもちろん、科学、技術工学の分野に至るまで、技巧レベルから技術者レベルへ、そして学位へと続くあらゆるレベルのプログラムを提供しています。

独立カレッジ (Independent Colleges)

公立のこれらの高等教育機関にならんで、独立のカレッジも多数あります。この中には、産業や商業に関連する専門分野を主とする学部・大学院も多数あります。


アイルランドの教育資格制度
Higher Certificate
(高等修了証書)
技術分野での2年間の幅広い高等教育資格で、県立大学か高等教育訓練資格評議会(HETAC)指定機関により与えられる。
Ordinary Bachelors Degree
(普通学士号)
技術分野での3年間の専門校等教育資格で、県立大学か高等教育訓練資格評議会(HETAC)指定機関で与えられる。
Honours Bachelor Degree
(名誉学士号)
一般的に3-4年間、場合によっては5-6年間の学部コース対象。
Higher Diploma
(高等修了証書)
学士号の後にとる研究コース対象。コースは一般的に1-2年間のフルタイム。新しい技術習得のための、学部卒業生対象の再教育を目的とした資格。
Postgraduate Diploma
(研究生修了証書)
学士号の後にとる研究コース対象。コースは一般的に1-2年間のフルタイム。専門的職業に就くために必要な、専門家向け資格。
Masters Degree
(修士号)
1年から3年間の研究コース、あるいは大学院を終了した者に与えられる学位。
Doctorate degree
(博士号)
最高位の学位で「研究」、「専門」、「名誉」の3種類がある。

. ページの先頭へ