アイルランド政府商務局
トップページ > アイルランド政府商務庁について

アイルランド政府商務庁に関する情報をご紹介いたします。

日本とアイルランドのビジネス促進の為、アイルランド政府商務庁ではGrowing Irish industryをスローガンに様々な活動をしています。 アイルランドに○○技術をもった企業はありませんか?△△の製品を作っている会社はありますか?など、お気軽にお問い合わせ下さい。アイルランド政府商務庁は、皆様とアイルランド企業とのインターフェースです。

2007年02月23日

アイルランド政府商務庁について

私達アイルランド政府商務庁の使命は、アイルランド企業とのビジネスを通じ、海外企業の皆様に永続的な利益を得て頂く事にあります。内需に限りがあるアイルランドでは、海外市場でも競争力が企業の成否を決めます。私達がご紹介するアイルランド企業は、いずれも厳しい国際市場で勝ち残ってきた独創的な企業ばかり。どのような領域でも、貴社ビジネスに確かな前進をお約束いたします。

アイルランド政府商務庁はアイルランド企業の単なる紹介者ではありません。私達は国内の研究機関に職員を常駐させ、研究開発の段回から、有望な製品やサービスを把握し、時には事業投資も手がけるなど、企業内の情報を主体的に収集分析しています。皆様にお届けするのは、政府機関ならではの信頼に裏打ちされた精度の高い製品やサービスなのです。

アイルランド政府商務庁には世界34ヶ所のネットワークのもと、アイルランド企業と海外企業とのビジネスをサポートしてきた実績があります。EU-US-アジア市場の開拓、日本国内でのシェア拡大を目指す時、アイルランド企業とともに、私達、アイルランド政府商務庁のパフォーマンスに、どうぞご期待下さい。

*アイルランドへの直接投資に関しましては、姉妹機関アイルランド政府産業開発庁が担当いたします。

[主なサポートサービス]
・日本企業の皆様が求める、競争力の高い製品や技術を有するアイルランド企業のご紹介
・アイルランド企業に関する、政府機関ならではの企業情報提供や企業精査のためのアドバイス
・アイルランド企業への照会や業務交渉、及び課題解決のサポート
・テクノロジー・トランスファー、知的財産権の紹介
・ご出張時の現地サポート(現地企業とのアポイント設定、スケジューリング、通訳手配など)

アイルランド政府商務庁が支援を行うアイルランド企業

・今後の発展(特に輸出に関して)の可能性を持ち、またそれに向けて積極的に取り組んでいる、従業員10名以上のアイルランド資本の製造会社または国際的サービス会社。
・海外市場で高い競争力を発揮できる企業を作り、牽引していく能力を持つ企業家。
・食品および天然資源を扱う国内企業:当機関はこの分野の国内における開発を担当しています。
海外における食品、飲料および海産物の輸出支援についてはそれぞれBord BiaおよびBIMが担当していますが、これらの2機関が進出していない地域については、当機関は要請に応じてこれらの2機関に協力しています。



アイルランド経済が近年、劇的な成長を遂げた5つの要因をご紹介します。

優れた地理的条件:ビジネスに有利な絶好のロケーション

アイルランドはEU加盟国として、英国や大陸欧州と経済的・社会的・政治的に密接な関係を持っています。物理的にも近い距離にあり、アクセスの点でも効率的なビジネス拠点です。国際貿易に不可欠な輸送インフラも整備されており、グローバルなビジネスを展開する企業にとって、アイルランドは絶好のロケーションとなっています。

高い経済成長率:国全体にエネルギーが充実しています。

1999年から2003年までのアイルランドのGDP平均成長率は7.2%。OECD諸国の中では6年連続で最高の成長率を記録し、今後も3.5?5%前後の成長率を維持していくと予測されます。GDP絶対値の比較では、2003年のアイルランドのGDP総額1,348億ユーロ、一人当たりのGDP額では33,700ユーロとなりEU内でルクセンブルグに次ぐ第2位となっています。(OECD調べ)

社会的安定:ビジネスマンから留学生まで、安心して暮らせる国です。

アイルランドは政治的にも社会的にも安定した状態が続いています。対外的には、1973年のEC加盟以来、EU重視の政策を採っており、1999年からはEMU(経済通貨同盟)加盟国とともに、ユーロ圏共通の金融政策を実施しています。また、対日関係も良好で、政治経済の分野だけでなく文化の面でもお互いの関係を強めつつあります。

高い輸出力:日本は米国に継ぐ重要な輸出国です。

人口も少なく、国土も狭いアイルランドは、国家戦略として海外市場を重視してきました。2003年の輸出高は1990年比で実に450.9%アップを記録。輸出先はEU圏が輸出額全体の半分以上を占め、EU圏以外では米国に次ぎ、日本は第2位の重要な輸出先です。輸出品目は、ハイテク機器などに代表される工業製品を主に、農産物、木材製品、海産物まで広範囲に渡ります。

優秀な労働力:若さと知恵。人の力が魅力です。

教育を重視してきた結果、アイルランドでは国際的な教養、専門知識をもつ人材が豊富です。母国語が英語なので外国企業は、柔軟な人材活用が可能となり、他のEU加盟国にはない大きなメリットになっています。コクミンの平均年齢も若く、2002年の統計では、25歳?44歳が全人口の約30%、24歳以下では37%にものぼります。最近では、1980年初頭に海外移住した人々の帰国が盛んで、新しい技術や経験、アイデアなどの知的資源が逆輸入され、様々な分野で蓄積されつつあります。

アイルランド政府商務庁概要 ダウンロード
. ページの先頭へ